『笠井工業の家』は標準仕様で長期優良住宅の基準をクリアしています。

長期優良住宅とは、簡単に言うと『住宅もいいものを選んで長く大切に使う』ということです。

長期優良住宅

使い捨てよりも、いいものを長く大切に使う。

こうした考えに基づいたものです。
平成20年12月に「長期優良住宅の普及と促進に関する法律」が交付されました。

これは住宅を長期にわたり使用することで、廃棄物の抑制による環境負荷の軽減、および建て替えの繰り返しによる国民の負担を軽減し、より豊かでよりやさしい暮らしへの転換を図ることを目的にしています。
つまり、国が住む人にも街にも長く愛され続ける家づくりを、サポートするというもの。


着工前に長期優良住宅の認定を受けることで、補助金交付や住宅ローン減税などのメリットを受けることができます。これは新しい住まいを検討している人にとっては大きなチャンスです。



* 長期優良住宅で税制優遇を受けるためには、長期優良住宅の申請と行政による認定を受けることが必要です。

いいものを選んで長く使うこと