~家族の暮らし方をカタチにしてみよう~ 

もっと安心で安全な木の家を地元に届けたい。


一般的に住宅の構造は、『在来工法』といいまして、昔ながらの工法で、

柱で組んだ構造のほかに、最近は2×4構造や、ハウスメーカーなどが採用している

軽量鉄骨やプレハブ構造などがありまして、それぞれに一長一短があります。


私たちが、在来工法にこだわりを持っているのは、木造注文住宅の老舗として

数多くの実績と、お引渡ししてからも変わらなないお客様との関係があるからです。

ある方はご家族が増えた事により間取を変更され、ある方はライフスタイルの変化

により使いやす間取りに直しました。在来工法は可変しやすく、また携わる大工さんら

職人の方も圧倒的に多いというメリットがあります。昨今では、プレカット技術の進歩

により工期が短縮できますし、地震に対する強さを出すため耐力面材の使用も当り前

のようになってきています。

高耐震高耐久

高耐震高耐久

  各邸別に厳密な地盤調査を実施します。建物の形状や地盤の状態等から最適な地震対策、地盤改良をご提案します。
建物の基礎には、地震に強い「べた基礎」を採用しました。コンクリートは設計強度24N/mm2、立ち上り幅150mm、土間厚180mmという高耐震、高耐久な基礎設計です。
土台にはひのきの無垢材を使用し、通し柱には4寸角無垢柱を採用。各階床は、剛床構造となっています。
建築基準法を上回る最高レベルの耐震性。「耐震等級3」の耐震設計、耐久設計が標準装備ですので地震対策は万全です。

笠井工業だからできる安心の体制

次世代省エネルギー基準をクリアする高気密高断熱


冬暖かくて夏涼しい。高気密高断熱の笠井工業の家は、気密性、断熱性の高い「吹付断熱工法」を採用。気密断熱性に優れています。さらに、最大の熱損失部である開口部サッシには、ワンランク上の「高断熱LOW-Eぺアガラスサッシ」を標準で装備。次世代省エネルギー基準を大きくクリアする、快適でエコロジーな「笠井工業の家」です。