木は丈夫で長持ち。

ぬくもりで視覚的な癒し効果もアップ

単なる木造ではなく、無垢造の家

木を使うなら自然のままの 無垢材がいい、と多くの人が 考えています。

にも関わらず、 反りや曲がりなど、自然素材ならではの特性があるために、 やむなくあきらめるということがありました。

しかし、今技術革新とともに高い品質を保ち続ける無垢材「PFウッド」が誕生しています。

私達はあくまでも、無垢材を使うことで本物の木の家づくりを目指します。
木の家は価値ある住まいです。

木を上手に扱う:木のよいところ

木を上手に扱う : 木のよいところ
  • 森は地球や人間に潤いを あたえる存在
  • 森は環境保全や資源の リサイクルに貢献
  • 森を守ることは私たちの 未来を守ること.
  • 木造の家を建てることは 街に森をつくること
  • 木造の家に住むことは 地球温暖化抑制に貢献
  • 木造の家に暮らすことは 私たちの未来を守ること.
  • 人間の目には反射率50~ 60%の光が心地よい
  • 木は有害な紫外線をほとんど吸収する
  • 木は適度な吸音率を持つため音の響きを調整する
  • 耳にも穏やかで快適な空間 が木でつくれる。木を使うことは人にも環境にも優しいです。